自律神経失調症との向き合い方

みなさんこんにちわ。みなさんは自律神経の失調をよく耳に挟んだことがあるのではないのでしょうか?実際に自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っているものでもあるのですが、これがどちらの神経も優位に立つことで不調が起きるのですよね。

特に昼間の活動の時には交感神経が優位にたちます、また夜は寝るためにリラックスの神経である、副交感神経が優位に立ちます。これがぎゃくてんしたりすると変な体の不調をきたします。自分の体の弱い部分に症状がでてきたりするのですよね。特にいえることは、自律神経は自分でコントロールすることはできない神経ですので、動悸がしたり、扁桃通や頭痛やめまいなどの症状から消化器症状で下痢や便秘などの症状や吐き気などやほてったり微熱がつずいたりといろんな症状が出てきます。

これらの症状も自律神経のバランスがみだれているときにおきるものであるのですよね。特に女性は更年期障害に似ていてまちがいやすいのですよね。男性は鬱病やパニック障害に間違えたりしますがどちらにしても食生活や、適度な運動やサプリメントやある程度のストレスの解消なども鍵になってきます。

今の時代は心療内科で自律神経失調症改善のための漢方薬や薬もでているので定期的に飲んでよぼうしてみるのもいいかもしれませんよね。自律神経は特に季節のかわりめにでやすいのでちゅういしましょう。体の休養も大事ですから。ある程度は体をいたわってあげましょう。